電話代行サービスを使えば人件費を大幅カットできる

電話代行活用で人件費節約

通話

問い合わせ窓口も設定可能

メールその他の各種IT技術は新たなコミュニケーションの手法としてビジネスの現場でも普及していますが、電話は今でも最も確実な連絡手段です。特に企業では顧客からの信頼性を得るためビジネスフォンなどの固定電話利用が不可欠とされており、電話対応の目的だけでも事務所が必要とされます。しかしながら起業直後の場合や小規模の事業所では1人または少人数であらゆる業務をこなさなければならず、電話交換にまで手が回らない企業も少なくありません。そうした企業の多くは電話代行サービスを利用しており、事務員に代わって顧客や消費者からの電話に対応してもらっているのです。電話代行サービスにはいろいろな利用形態が考えられますが、事務所にかかってきた電話の応対を代行してもらうという基本的な役割は共通しています。応対するのは専門教育を受けたプロのオペレーターですので、自社で事務員を雇用して電話応対の基礎から教育する必要がありません。問い合わせ電話からクレーム電話に至るまでケースバイケースで最適な対応をしてくれるため、優秀な事務員がオフィスにいるのと同様の安心感が得られます。電話代行サービスを利用するにはもちろん料金もかかりますが、専任の事務員を雇用して給料を支払うよりは安いものです。事業内容によっては24時間365日の電話受付をサービスに盛り込むことで、高い競争力を獲得できる場合も少なくありません。またネット通販への事業拡大を考えている場合も、問い合わせ窓口として専用の電話番号を設定する必要が出てきます。電話代行サービスを利用すればそのような窓口も軽負担で実現され、ビジネスの幅を広げられるのです。電話を使った営業活動が販売戦略の中で重要なポジションにある企業でも、電話代行サービスが効果的に利用されています。電話応対のプロを営業のさまざまな局面で徹底活用することによって、新たなビジネスの可能性も拡大してくるのです。

女性

最近話題のCRM

CRMシステムを導入することで、業務を効率化を図ったり、経営判断に必要な情報を得ることができる。顧客の購入タイミングやアプローチを掛けるタイミングなど、詳細な情報を得ることができるのである。会計や営業関連のシステムと連携すれば、事業間の効率化を図ることも可能だ。

サイト

ウェブ販売の不足部分

ウェブ販売に足りないものとして、接客があります。この欠点を補うものとしてウェブ接客を行うということが近年は注目されています。ウェブ接客ではチャットなどによる直接的な接客のほか、ウェブサイトを閲覧している際に、自動的に顧客ニーズに合わせたお得なサービスを表示するといった方法などがあります。

名刺

名刺は会社で管理共有

膨大な数の名刺を管理するのは手間もかかりスペースもかかる。しかし名刺管理ソフトであれば管理を一元化でき、省スペースにもつながる。料金やセキュリティ、ライセンス数などは管理ソフトによって異なるため、比較検討して導入するべきだろう。