電話代行サービスを使えば人件費を大幅カットできる

ウェブ販売の不足部分

サイト

接客という選択

ウェブ販売のメリットとしては、接客の必要がなく会計処理も自動で行えるので人件費が掛からないといったものがありますが、少しの疑問を解決できれば商品の購入やサービスの利用をしてくれる可能性がある顧客は見逃していることになります。このため、近年になってウェブ接客という考え方が登場しており、さまざまな分野で採用されています。ウェブ接客といってもその種類はさまざまで、代表的なものはチャットで、そのほか顧客情報をもとにその顧客のニーズがありそうなディスカウント情報の提供などがあります。チャットの場合には、いわゆる声かけ接客に近いものですが、担当者を置かなければならないといったことがあります。ただメールでやりとりをするよりもチャットの方が訪ねやすいので販売のチャンスを大きくアップすることができます。またチャットによるウェブ接客はウェブサイトの構成を大きく変える必要がないので、簡単に導入できるのもメリットです。一方でウェブ接客でも自動で行ってくれるものとして、顧客情報をもとに情報を発信するものです。これはアクセスしている人の過去の行動データを収集し、それに見合った販売や情報の提供を行うことで商品の購入やサービスの利用に繋げられる強みがありますが、サイトの構成そのものを変更したり、顧客の情報収集を行わなければならないなど、導入するには費用が掛かります。ウェブ接客の導入そのものはそれほど難しいものではありませんが、実際の効果が出るかは別の話であるため、導入する際には費用対効果を理解しておく必要があります。