電話代行サービスを使えば人件費を大幅カットできる

名刺は会社で管理共有

名刺

人脈確保でチャンスを掴む

ビジネスツールとして欠かせない存在といえば名刺があげられる。自分の名前だけでなく、会社そのものの宣伝・売り込みツールとして絶大な力を誇るため、デジタル化が進む現在でも名刺文化は廃れていない。名刺の欠点としてよくあげられる声は「管理の手間」、そんな煩わしさを解消してくれるのが名刺管理ソフトである。名刺管理ソフトは名刺に記載された社名・指名・電話番号・メールアドレス、所属部署に至るまで、ほぼ全ての情報を網羅できる。管理する手間を大幅に削減可能であり、ソフトやクラウドサービスを使うことによって収納・保管スペースの確保も必要なくなるため、社内の省スペースにも貢献するだろう。名刺管理ソフトのスタイルは様々あり、比較検討してからの導入が望ましいといえる。比較したいポイントとして一番に挙げたいのは料金である。企業が名刺管理ソフトを導入する場合、一括で購入するのか、パッケージを購入して利用人数に合わせてライセンスを購入するのかなど利用形態は異なる。法人向けであれば安価なものは10000円から、50000円前後が平均的な価格となっているが、導入や名刺管理に必要なOA機器などの利用・準備料金は含まれないことが多い。比較したいポイントは他にもある、個人情報満載の名刺を預けるという意味でセキュリティは重視したいと考える企業は非常に増えている。セキュリティ対策、個人情報漏えい時のサービスなども管理ソフトによって違いがある。料金やセキュリティなどを比較しながら、自社に合う管理ソフトを導入するのが良いだろう。